Posted in 制作ツール 素材制作

[ドット絵エディタ] Pixelorama紹介 [フリー]

フリーのドット絵エディタ Pixelorama v0.5 がリリースされています。

Pixeloramaは、Godot Engineをベースに制作された、
アニメーション対応のオープンソースドット絵エディタです。

有料ツールを買うまでもないとお考えの方は、
フリーですので一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

Pixelorama
https://orama-interactive.itch.io/pixelorama

Posted in ゲーム情報 素材制作

[アセット] 気になるソフト紹介 Kenney Game Assets [20,000以上]

Steamで販売中のKenney Game Assetsは、20,000以上の膨大な数のアセット集。

含まれるアセットの種類は、画像素材、オーディオ素材、フォント、3Dモデル、
Construct 2のソース集などで、ライセンスはCC0(パブリックドメイン)のため、
ほぼ制限無しに使えそうです。

画像については、ベクターデータを含んでおり、サイズ変更が自由に出来るため、
どのゲームエンジンで使うにしても問題は無さそう。

価格もSteamで980円とお手頃なので買っておくのも良いかもしれませんね。
(セールによる値引きはここ3年くらいしていないようなので期待しない方がいいかも)

 

 

Steam
https://store.steampowered.com/app/363550/Kenney_Game_Assets/

Posted in レビュー 制作ツール 素材制作

[素材制作] RPG Character Builder レビュー [無料]

無料で使えるキャラクタージェネレータ 「RPG Character Builder」のレビューとなります。

かなりシンプルなツールで、RPGツクールMVのキャラ生成に特化しているとのこと。

起動するとこんな感じで、裸のキャラが表示される。

「+」を押下することで、各パーツを選択していく。

満足いくまで、各パーツを選びなおし、完成!

右上のExportボタンを押下すると、スプライト画像(PNG)が保存できる。

右上のRANDOMボタンを何度も押下することで、ランダムなキャラが次々生成されるので、
こちらで気に入ったキャラが出るまで押してみるのもいいかも。

 

総評
簡単操作で手軽に作れるのは良いが、歩行グラフィック以外が生成されず、
RPGツクールMV内蔵のキャラクタージェネレータの方が優れている。
街のモブキャラなどで、素材に困った時に使うくらいだろうか。
無料のため、試してみて必要な時だけ利用するくらいがいいかもしれない。

Steam
https://store.steampowered.com/app/1154430/RPG_Character_Builder/